へぼせん!

Heppoco Bowlers’ Center へ ようこそ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
全国の天気

-天気予報コム-
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
初歩のレッスン15
【プッシュアウェイ】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、振り子スイング事始(ことはじめ)でーす。
プッシュアウェイは、文字どおり、ボールを前へ押して離す動作です。よちよちの皆さまが悩むのは、UPか?DOWNか?ですよねー。
1 ほぼ水平に、押して離す
2 円弧を描くように、あるいは、斜め下45度に押して離す
3 ほぼ真下へ押して、下ろす
4 あらかじめ、体の前に離しておく
5 あらかじめ、真下に下ろしておく
どの方法も間違いじゃありません。どれが自分に合っているか、いろいろ試しましょ。
かつて、こんな指導が一般的でした。「1メートル前に立っているひとに、優しくそっと手渡すつもりで、水平に腕を伸ばしなさい」と。でも最近じゃあまり流行らないみたい。
ボールにスピードと回転を与えるため、バックスイングのトップ位置を、自分の頭より高くするボウラーが増えてきました。完全な脱力による「振り子運動」だけじゃ、そんな高さまでボールを持って行けません。ある程度、筋肉を使った反動力が必要になってきます。その結果、プッシュアウェイの高さなんて、尊重されなくなってきました。
でもでも、基本はあくまで「振り子スイング」でーす。ここは、勘違いしないでください! 水平だろうと、斜め下45度だろうと、スイング腕の「脱力」そのものが否定されたわけじゃありません。決して、筋肉の力だけで、引っ張ってはいけませんよー。
プッシュアウェイでは、手のひらをボールの下に入れ、もう一方の手をボールの下(または横)に添えて、荷重を分散させてください。両手の共同作業として、スイングする肩の前(=スイング軌道の先端)へ、ボールを押し出しましょ。
スポンサーサイト
- | 18:30 | - | - | pookmark
コメント
コメントする