へぼせん!

Heppoco Bowlers’ Center へ ようこそ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
全国の天気

-天気予報コム-
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
初歩のレッスン14
【アドレス】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、スイング直前の構え方でーす。
アドレスって、もともとゴルフ用語かしらん。構えて、いざ、スイングするぞって。
ひとことで言っちゃいます。アドレスの極意は、自然体で立つ、これだけでーす。
ワタクシの大好きな、野球選手イチローが「いかにバッターボックスで力を抜くかが大事」と、おっしゃってます。何時間でも無理なく立っていられる姿勢、それが自然体なんです。
たとえば、クラウチングって、腰を低くしたスタイルがあるでしょ。あれなんか、ものすごーく不自然なアドレスだと思います。スイング中に、手足のタイミングを合わすため、あるいは、身体軸のぶれを防ぐため、とっても効果のある方法なんですけど。
両肩のラインを、目標(ピン)と正対させるか? 腰は正対させるか? 流行のオープンバック(=右投げなら、右肩を大きく後ろへ開いたバックスイング)スタイルだと、アドレスのときから、肩も腰も、正対させてはいけないってことになります。正対させて良いのは、額(ひたい)だけ。でもアドレスのとき、いつも正面を意識して、肩や腰の角度を確認してください。
ボールを構える位置は、体の中心より、右寄りです。プッシュする先が、右肩の前ですから。高さは、振り子の大きさや、スイングのスピード、ボールの回転数に影響します。胸の前、腰の前と、いろいろと試しましょ。
スイングする腕は、力まない程度に、あらかじめ脇を締めておいてください。スイング中、できるだけ腕が体側から離れないように。
グリップは、親指のつけ根で、しっかり握るだけでいいでしょ。人差し指を大きく開いておくと、プッシュアウェイで、スイングの方向を指し示すことができます。
はいはい。やっと、これから、スイング開始でーす。
スポンサーサイト
- | 08:35 | - | - | pookmark
コメント
コメントする