へぼせん!

Heppoco Bowlers’ Center へ ようこそ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
全国の天気

-天気予報コム-
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ボウリング初歩のレッスン 目次
ボウリング《初歩のレッスン》終了でーす。はいはい、目次を書いておきましょ。
【機.泪ぅ棔璽襦
 1 靴を買う
 2 ボールを買う
 3 ボールの汚れを拭きとる
 4 指にテープを巻く
 5 インサートテープを貼る
 6 グローブ、リスタイをつける
 7 会員になる、ロッカーを借りる
 8 センター定例会に出る
 9 プロの指導を受ける
【供.好ぅ鵐亜
10 アプローチ
11 アームスイング
12 タイミング
13 プリショットルーティン
14 アドレス
15 プッシュアウェイ
16 ダウンスイング
17 バックスイング
18 フォワードスイング
19 リリース
20 フォロースルー
【掘.螢好肇錙璽】
21 カップリストとブロークンリスト
22 リストワークと高速回転
23 回転軸の傾き
24 カップとコック
25 リフトとロフト
【検.▲献礇好謄ング】
26 ピンの番号と愛称
27 ターゲットボウリング
28 ストライクのアングル
29 スペアのアングル
30 3:1:2理論
31 5:2:1理論
32 3:4:5理論
【后.棔璽襦▲譟璽鵑旅渋ぁ
33 ボールの表面素材
34 ボールの研磨
35 ボールのオイル抜き
36 ボールの内部構造と回転半径
37 ドリルとプラグ
38 レーンの名称と長さ
39 レーンの材質
40 レーンコンディショナー(オイル)
【此/歓箸侶鮃】
41 身体トレーニング
42 身体感覚
43 基本の型
44 練習法の工夫
45 目標設定
46 平常心と集中力
47 スランプからの脱出
48 腱鞘炎
49 ぎっくり腰
【察.椒Ε螢鵐飴┳悄
50 ボウリングの歴史
51 ボウリング関連団体
52 競技ルール
終わりましたよー。しばらくお休みします。また、いつか、お会いしましょ。 美容室
初歩のレッスン20
【フォロースルー】
よちよちボウラーの皆様、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターことyocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、スイングのおしまい、フォロースルー(あと振り)でーす。
終わりよければすべて良しって、先人のお言葉を噛みしめましょ。
1 垂直線
横から、ボウラーの姿を見てください。
フォワードスイングで脚を前後に大きく開いたあと、軸足(右投げなら、左足)のひざを深く折って、しっかり重心を前へ(=軸足の上へ)移動させましょ。リリースのさい、頭〜軸足のひざ〜足を結んだ垂直線上にボールがあれば、理想のフォームなんです。
フォロースルーで、3秒間(=ボールがピンを打つまで)下半身を固定できたら、ベストでーす。
2 45度の傾き
バックスイングのトップにおいて、腰から上を前傾させましたね。角度は、だいたい30度から45度の範囲でした。
フォワードスイングからリリースを経て、フォロースルーまで、この前傾角度を、ずっと一定に保っておいてください。決して、ぶれないように。
それから、前後の傾きとおなじように、横方向にも、上体をおよそ45度で傾けてください。右投げなら、右方向へ45度です。
3 7時半と1時の時計
身体を右45度へ傾けたら、リリースからフォロースルーにかけて、けり足(=右足)は、後ろで、左斜め下45度の方向へまっすぐ伸ばしてください。時計の針で言うと、7時半の位置です。
フォロースルーの右腕は、脱力し、右上方へ振り切ってください。時計の針でいうと1時の位置です。顔のすぐ横へ振り上げるため、1時半じゃなくって1時なんです。
ちなみに。中上級者へのインストラクションだと、天井に向かって振らず、レーン上のブレイクポイント(曲がり地点)またはピンに向かって、腕を伸ばしなさいって言うんです。これって、レーンコンディションが遅い(=オイルが減って、ボールが曲がりすぎる)とき、有効な投げ方の一つでもあるんですって。
もうひとつ、ちなみに。けり足が床から離れ、ぴょこんと跳びはねたら、ボールにパワーが吹き込まれるみたい。でも、よちよちボウラーの皆さまは真似しないで。ずっこけまーす。
45度と7時半の傾きを意識して、フィニッシュの型を整えましょ。
初歩のレッスン9
【プロの指導を受ける】
よちよちボウラーの皆様、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターことyocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、とうとう、プロボウラーさまとの交際でーす。
1 LTB
ラーントゥボウリングの略。初心者向けボウリングレッスン教室です。
2時間×5回シリーズかしら? 何回でもOKかしら? ほんとのこと言って、ワタクシ、受けたことがありませーん。近くのセンターに、教室がなかったんです。
スポーツである以上、初心のうちにきちんと学んでおくべき。全国のセンターで、どのくらい開催されているんでしょうか? 増えたらいいですねー。
2 集団レッスン会
LTBはなくとも、こちらは、たいていのセンターで開かれているはず。
通常ゲーム料金と大差ない料金で、プロの指導を受けられまーす。もちろん数名から20名くらいを、プロがひとりでお相手されるため、きめ細かな指導なんて望めません。だからこそ何度もレッスンを受けて、顔だけでなくフォームの特徴も、プロに覚えてもらってくださいね。
ときどきアドバイスをいただければ、少なくとも、基本の技術を学ぶことは可能でしょ。
3 プロにチャレンジ
多くのセンターで行われているプロチャレ大会にも、気後れせずご参加ください。
いろんなプロを見るだけで、勉強になります。とくに女性プロのフォームは、基本に忠実なので、見て、真似る価値あり。
それに、自分自身本気モードになれるから、緊張感をもって参加できます。いずれ上級者になったとき、オープン大会(=プロ、アマ合同の競技会)に出られたら、素敵ですね。
4 個人レッスン
公的に設定された料金は、ありません。ちなみに○分間1,000円(上級者向け)っておっしゃっているプロもおられます。
ただし残念ながら個人レッスン教室なんて、現実にはほとんど存在しません。もし身近にプロのお姿があれば、直接ご相談なさってくださーい。
初歩のレッスン40
【レーンコンディショナー(オイル)】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、コンディショニングオイルでーす。
ファールラインの先には、ブレンドされたいろんな粘性のオイルが、メンテナンスマシンと呼ばれる自動走行機械で、塗られてます(=「ドレッシング」と言います)。たまに、従業員さまがモップで手引きされることもあるかしら。
1 オイルの役目
.棔璽詬邁爾両弖發鬚笋錣蕕欧襦´汚れやほこりがレーンに付着するのを防ぐ ボールに運動エネルギー(=速度と回転)を与える
2 オイルの量
マイクロリッター(百万分の1リットル)や、千万分の1ミリメートルなんて単位が用いられることもあります。でも一般的に使われるのは、ユニットです。
1ユニット=1平方フィート(928.4平方センチ)あたり0.0167cc(立法センチ)
30.48センチ×30.48センチの面積にスポイト1滴分程度が、1ユニットなんです。
3 オイルの山、谷と壁
オイルは、ふつう手前ほど厚く、真ん中ほどたくさん塗られています。多いとボールがよく滑るため、レーンコンディションが「速い」、少なければ「遅い」なんて言い方をします。
塗布の長さに関しては、ショートで30フィート足らず、ロングだと40フィート余りかしら。おおきな大会だと、長短のレーンが組み合わされてます。
左右の濃淡差も大切です。
オイルの厚い部分を「」、薄い部分を「」と呼びます。その境い目が「」です。
〇海望茲擦襦´∧匹砲屬弔韻襦蔽から山に入れる) J匹鳳茲錣擦襦´せ海ら谷へ出す
センターによっては、内と外とで10:1ほどの差に、設定されてます。60ユニットの山に対し、ふつうのボウラーは10ユニット以下の谷でないと、谷と識別できないかしら?
4 オイルのパターン
.侫薀奪肇イル→ 内にも外にも均等に、オイルが塗られたレンコン(=レーンコンディションの短縮形)です。ベターレーンとか、スポーツコンディションとも呼ばれます。
▲ΕД奪函ドライ→ 手前ほど、真ん中ほど、オイルの厚いレンコンです。外は、わずか。トップハット、ブロック、トリック、ハイスコア(ハイスコ)、ハウスレーンなんて呼ばれます。オイルの壁がくっきりしてて、初級者にやさしいレーン。
ブレンド→ 中ほどオイルが多い(=山が高い)レンコンで、外にもかなり入っています。クラウンや、クリスマスツリーと呼ばれ、上級ボウラーに好まれます。先でオイルが細くなった形状は、テイパーと言います。
ぅ肇薀奪ショット→ 縦に縞模様のあるレンコンです。大会が進行するうち、オイルが剥ぎ取られたのかもしれません。わざと縞模様を作ったものなら、メンテナンスマシンの商標から、シャトルレーンと呼ばれます。
ついでに、2つの紛らわしい用語も覚えてください。ブレイクダウン=ボールが手前にあったオイルを剥ぎ取っていくこと。キャリーダウン=剥ぎ取られたオイルが奥のドライゾーン(=ピン近くで、本来オイルがないところ)へ運ばれていくこと。オイルが「伸びる」って言い方をします。  
5 オイルの攻略法
フックの大きいボウラーなら、オイルが厚く塗られたところ(=ふつう真ん中)を使うのが、一般的な攻略法です。高回転で「山」を走らせたら、アクシスローテーションAR(=ボール回転軸の前後の傾き)が抑えられるため、バックエンド(=ピン近く)で、いっきに鋭くフックするでしょ。
ショートフック系のボウラーなら、オイルの少ないところ(=ふつう10枚目より外側)を使うかしら。
初歩のレッスン32
【3:4:5理論】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、またまた、アジャスティングのための数値理論でーす。
レーンの長さにもとづく比率理論、3:1:2、5:2:1に続き、3:4:5理論をご説明しまーす。
 3→ ピンからスパット(ターゲットアロー)までの長さ=45フィート
 4→ ピンからファールラインまでの長さ=60フィート
 5→ ピンからスタンス位置までの長さ=75フィート
スタンス(立ち位置)を変えて、同じピンを狙います。スタンスで左へ5枚移動し、リリース(放球位置)を左へ4枚ずらし、ターゲットボードで3枚左を通したら、同じピンを打てます。ボールの動き(リアクション)が変わるから、ピンアクションにも変化を与えて、ストライクが生まれるはず。
5枚ー3枚なので、「ゴーサン」「サンゴー」移動システムなんて呼びかたをされてるかしら。
単純な理論に思えるでしょ。でも、あんがい現実への応用って点で、役立ちます。スタンスを1〜2枚程度ずらしても、どうしてもオイルの濃淡差の影響を受けるため、ボールは理論どおり動いてくれません。思い切って立ち位置を5枚変えて、オイル量の多いところを通したら、劇的なピンアクションが生まれるかもしれませんよ。
平行移動(=スタンス、スパットとも同じ枚数だけ移動)と並んで、あんがい面白いアジャスティング方法なんでーす。
初歩のレッスン47
【スランプからの脱出】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、絶不調への対応でーす。
よちよちレベルだと、スランプなんてまだ関係ないかしら? でも、やがて遭遇します。そのときに備えて、ちょっぴり学んでおきましょ。
 ,△らめて時が過ぎ行くのを待つ
◆.椒Ε螢鵐阿らしばらく遠ざかる
この2つが、究極のスランプ脱出法です。いえいえ。冗談でなく、本気で言っておりますの。
『スポーツボウリング』というご本で知られる宮田哲郎プロが、よくこんな意味の文章を書いておられます。「階段を1歩1歩上がるようにしてレベルアップしていく。決して急カーブを描いて一気に上達するわけじゃない。」
だから、心を休めたり、肉体を休めたりしましょ。とくに不調のまま投球を繰りかえしたら、身体が、崩れたフォームを記憶してしまいかねません。
はいはい。技術的なスランプ脱出法も、大真面目に考えてみまーす。たとえば、こんな方法はいかが?
1 ボールチェンジ= 曲がらないボールに取り替える
2 スタンス位置= 思いきって板目5枚ほど移してみる
3 スイングライン= インサイドアウトからアウトサイドインへ(あるいは逆)
「インサイドアウト」って、バックからフォワードへかけてのスイング用語です。インサイド(=背中の後ろ)からアウト(=右投げなら右外)へボールを送り出すこと。逆が、「アウトサイドイン」です。腕の力でボールを引っ張ったり、押し出したりしている可能性があるとき、意識してスイングのラインを変更してみましょ。ただし、これって危険かもしれません。脇が開いて、いわゆる「8の字スイング」に陥っちゃうかな? 
スランプから脱出する最善の方法って、実は、これ。→ へたに悩んじゃいけませーん!
初歩のレッスン24
【カップとコック】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、リスト(手首)の折り方でーす。
言葉の響きが似てる用語って、カン違いしそうで、イヤですね。
1 カップリスト
リストを縦に折って、手のひらの中に、ボールを抱え込んだ形です。
かなり遅くフィンガー(中指と薬指)が抜けるため、より先へ(=前へ)ボールを運ぶことになります。すると、アクシスチルトAT(=回転軸の上下の傾き)が大きくなって、ボールの回転数が増えまーす。
サム(親指)は、ふつう、軸足(右投げなら、左足)のくるぶし付近で、抜け始めます。でもカップなら、かなり後ろで垂直になるため、意識しないとボールを落っことしちゃいます。その地点を過ぎたら、逆に、抜けが遅くなります。
そんな高速回転リリースの抱える課題(=サムが抜けるタイミング)を解決する、最新の手法が、プッシュ&プル(別名、ローダウン)なんです。
2 コックリスト
リストを横にひねって、小指側に折った形です。
リリースのとき、フィンガーの抜けが遅れます。ボールの真後ろじゃなく、右横で(右投げなら)抜くことになります。小指側から、レーン上にボールを放ちましょ。アクシスローテーションAR(=回転軸の前後の傾き)が大きくなって、フックする力が強まりまーす。
ただしコックを意識しすぎたら、ついボールを落っことしちゃうかもしれません。スイング中、リストがぐらつくかな? アドレス(構え)からリリース(放球)まで、しっかりコックを保持してください。
はいはい。「カップ」って中級レベルから、「コック」は上級ボウラーのテクニックですよー。よちよちの皆さまは、「ストレート」1本でまいりましょ。
初歩のレッスン49
【ぎっくり腰】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどの健康相談は、ぎっくり腰でーす。
スポーツで大切なのは、身体軸ですって。背骨、あるいは、仮想背骨ですよね。その身体軸を支えてるのが、腰、骨盤なんです。
まず、骨盤の構造を学びましょ。
骨盤は、中央の「仙骨・尾骨」、左右の「寛骨」という2つのグループから成り立っています。
 \膵と尾骨→ 脊椎(背骨)の下にくっついて、骨盤全体の後ろ壁になってるのは、仙骨です。その先に、尾骨(しっぽの骨)。
◆ヾ温→ 左右対称に位置し、臓器(腸)を包んでいるのは、寛骨グループです。骨盤の前壁と側壁の役目。寛骨って、腸骨、坐骨、恥骨という3つの骨がくっついたものです。仙骨と関節でつながってるのが腸骨、その下で、後ろに坐骨、前には恥骨があります。
何年もボウリングを続けていると、片方の仙腸関節がのびて左右のバランスがくずれ、骨盤がゆがんできます。そして、ある日突然、激痛に襲われるかもしれません。これが、ぎっくり腰の原因ですって。魔女の一撃!でーす。本格的にやっちゃうと、数週間まともに歩けません。1か月間以上ボウリングできませーん。
仙腸関節がのびちゃう原因って、なんでしょうか? フォワードスイングで大きく開脚(=レベレージ)したとき、重心が(=腰が)つい後ろに残りがち。背骨が弓なりに反りかえった状態で腰に荷重がかかると、ダメみたい。この姿勢って、よちよちボウラーさまにも多いですよ。腰痛予防のため、速やかに重心を前へ(=スライドした軸足の上へ)移動させてから、フィニッシュしましょ。
仰向けに寝ながら、こんな腰痛体操はいかが?
1 腰ゆらゆら= 尾骨を床に押しあてる感じで、腰をゆっくり左右に揺らす。
2 腰ほぐし= 両手でひざを胸までかかえ上げる。ひざを開く。
3 腹筋強化= ひざを立てて寝て、両肩を上げ、自分のへそを見る。
4 腹斜筋(ふくしゃきん)強化= 腰をひねり、片脚を反対の脚と大きく交差させる。
5 大臀筋(だいでんきん)強化= ひざを立てて寝て、お尻を持ち上げ、ブリッジ。
ほかに、こんな室内運動もございまーす。
6 自力ルームランナー= 足裏を床につけたまま、ひざを前へ出し、その場で足踏み。
7 関節指圧= 風呂上りに、お尻のあちこちを手指で圧しながら、上体を左右倒し。
それから、緊急避難的な痛み止め効果なら、これがおすすめでーす。
8 白樺のポーズ= 体操用語。かかとを付け、つま先を180度に開いて、直立する。
9 整体= マッサージでも、カイロプラクティックでも、ともかく治療へゴー!
初歩のレッスン35
【ボールのオイル抜き】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、ボールのお手入れ、オイル抜きでーす。
表面素材がウレタンのボールは、レーンオイルを吸収しちゃいます。リアクティブ系、とくにパーティクル系なら、定期的なオイル抜きが必要とされてます。オイルは、ボールの性能(=ピンアクション)を劣化させます。定期的ってどのくらいでしょ? 100ゲームくらいかしら。
1 センターに依頼する
面倒なので、センター従業員さまにお任せしましょ。費用は、千円程度かしら。ついでに、表面研磨もお願いしちゃってください。
2 ドライヤーの温風をあてる
野蛮な方法、その,任后I分的にオイルが浮き上がります。それだけ。
3 ストーブで温める
野蛮な方法、その△任后Gしすぎたら、表面が割れちゃうかも。
4 真夏の車内に放置する
野蛮な方法、そのです。真夏、窓を閉め切った車内に、ボールを入れておきます。人間が熱中症になっても知りませーん。
5 バケツにお湯を張る
熱いお湯を入れ、あらかじめ、ボールクリーナー液中性洗剤を入れておいてください。
6 風呂のお湯につける
テープやグリップを濡らしたくなければ、ボールを古タオルに包んでから、ビニール袋に入れて、浴槽につけてください。
ちなみに、ワタクシが推奨するオイル抜き法は、5と6の折衷策でーす。
(1)深めのバケツに、風呂のお湯より熱めのお湯(45度くらい)をためる。
(2)そこへボールを裸んぼのまま、ポチャンと放り込む。
(3)お湯が冷めないよう、バケツごと、風呂の湯舟のなかに浮かべる。
(4)だいたい20分ほどしたら、ボール表面に水滴ならぬ、油滴が浮いてくる。
(5)ボールをお湯から取り出し、すぐにクリーナーを吹きかけて、タオルで拭き取る。
2千円前後のオイルリムーバー液を使ったら、さらに効果的でーす。
初歩のレッスン39
【レーンの材質】
よちよちボウラーの皆さま、こんにちは。
ワタクシ、似非インストラクターこと yocchin 美容室 です。はいはい。ボウリング《初歩のレッスン》、こんどは、レーンの材質でーす。
1 ウッドレーン
レーンって、厚さ10センチ弱、幅2.5センチの木材を組み合わせて、作られてます。使われるのは、楓(かえで、メイプル)と松(パイン)。
メイプルは、堅くて復元力が良いため、ファールラインからスパットまで(=レーンヘッド)と、ピンデッキあたりに。パインは、メイプルに比べてやわらかなため、助走路(アプローチ)と、レーンの真ん中あたりで、使われてます。
ウッドの場合どうしても傷んじゃうから、3〜4年おきに1ミリか2ミリ表面を削って平らにしなければなりません。この工事が「リサフェイス」です。何日もかかっちゃいます。
ウッドの上には、もともとフィニッシュと呼ばれる仕上げ塗料(ニス)が、2層にコーティングされてます(ふだんのオイルは、さらにその上でーす)。アプローチ上は1層だけ。このコーティングを剥がして塗りなおす作業を「リコーティング」と呼びます。余裕のあるセンターなら、年に1回かしら? 乾かすだけで、半日かかるんですって。
2 シンセティックレーン
新しく建設されるセンターは、合成レーンに変わっています。別名、プラスチックレーン。ウッドを使わず、合成樹脂のパネルを貼り合わせたもの。設備メーカーの商標によって、アーマーレーンとかアンビレーンなんて呼ばれます。
ウッドよりも堅くてレーン表面の摩擦係数が低いため、ボールはスキッド(滑り)が強く出て、曲がりません。おまけにオイルが浸透しにくいためか、「キャリーダウン」(=ボールがオイルをバックエンドへ運ぶこと)が起こりやすくなります。
3 フィルムレーン
古くなったウッドレーンを長持ちさせるため、最近考え出されたシールド工法です。レーン表面に、あらかじめ透明フィルムを貼って保護します。
ウッドからシンセティックへ改造するためには、莫大な経費が必要でしょ。ウッドの延命策。